Rosa Mystica
-神秘の薔薇-
ルネサンス思想と西洋魔術全般の研究ページ

公会議データ

キリスト教各派によりそれぞれの会議を公会議と認めるか否かは異なり、また、それぞれの公会議に対する重要性についての解釈も様々である。ただし、当ページにおいてはルネサンス期の思想背景理解のために公会議のデータを示すという目的のため、量的に一番多く公認し幅広く網羅している、カトリック教会が認める公会議一覧を以下に示すことにする。

  • 第1回 325年 第1ニカイア公会議 - アレイオス派排斥およびニカイア信条採択、復活祭(復活大祭)の日付を確定。
  • 第2回 381年 第1コンスタンティノポリス公会議 - 三位一体論の定義、ニカイア・コンスタンティノポリス信条採択。
  • 第3回 431年 エフェソス公会議 - ニカイア信条の正統性を確認。ネストリオス派の排斥とテオトコス論争の決着。
  • 第4回 451年 カルケドン公会議 - エウテュケスらの唱えた単性論の排斥。
  • 第5回 553年 第2コンスタンティノポリス公会議 - 三章問題の討議、カルケドン公会議の決定の再確認。
  • 第6回 680年-681年 第3コンスタンティノポリス公会議 - 単意論の排斥。ホノリウス問題を討議。
  • 第7回 787年 第2ニカイア公会議 - 聖像破壊論者の排斥。
  • 第8回 869年-870年 第4コンスタンティノポリス公会議 - コンスタンディヌーポリ総主教フォティオスを追放 。
  • 第9回 1123年 第1ラテラン公会議 - ヴォルムス協約を承認、初めて西ヨーロッパで開催。
  • 第10回 1139年 第2ラテラン公会議 - 教会改革を実施し、対立教皇によって引きおこされた分裂を収拾。
  • 第11回 1179年 第3ラテラン公会議 - コンクラーヴェのシステム改正(2/3の多数決制)。以降、参加司教の名簿が作成されるようになる。
  • 第12回 1215年 第4ラテラン公会議 -ワルドー派・カタリ派を排斥。聖体の変化を示す「全実体変化」(Transsubstantiatio)を定義。
  • 第13回 1245年 第1リヨン公会議 - 神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世を教会の敵対者として非難。
  • 第14回 1274年 第2リヨン公会議 - コンクラーヴェの制定。ギリシャ教会との合同を模索。
  • 第15回 1311年-1312年 ヴィエンヌ公会議 - テンプル騎士団の解散を命令。
  • 第16回 1414年-1418年 コンスタンツ公会議 - 対立教皇を廃し、教会大分裂(シスマ)終結。ウィクリフ、フスを排斥。公会議主義的教令を採択。
  • 第17回 1431年-1445年 バーゼル公会議、フェラーラ・フィレンツェ公会議 (1438年にフェラーラ、1439年にフィレンツェと移動したため、バーゼル・フェラーラ・フィレンツェ公会議などともいわれる。)- 教皇首位説(コンスタンツ公会議の修正)、フィリオクェ問題の決議。カトリック(西方教会)と正教会の合同を目指した。
  • 第18回 1512年-1517年 第5ラテラン公会議 - 教会改革を志向したが果たせず、宗教改革運動を招くことに。
  • 第19回 1545年-1563年 トリエント公会議 - 教義や教会の方向性が討議され、カトリック教会のアイデンティティーを再確認。刷新された典礼は以後400年変わらず。
  • 第20回 1869年-1870年 第1バチカン公会議 - 近代思想を否定し、教皇不可謬を宣言。
  • 第21回 1962年-1965年 第2バチカン公会議 - カトリック教会のアジョルナメント(今日化)を目指し、典礼・信仰の表現を刷新。カトリック教会の他宗教・他文化との対話(エキュメニズム)を推進。

参考 Wikipedia公会議

Contents

ルネサンス思想理解のためのキーワード
書籍
リンク集

背景素材:Cloister Arts
TOP画像:CGFA